HOME > 書籍 > 閃めく経絡 現代医学のミステリーに鍼灸の“サイエンス“が挑む!

閃めく経絡 現代医学のミステリーに鍼灸の“サイエンス“が挑む!

閃めく経絡 現代医学のミステリーに鍼灸の“サイエンス“が挑む!
  • NEW
  • ポイント20倍
商品コード : 1036-7

閃めく経絡 現代医学のミステリーに鍼灸の“サイエンス“が挑む!

3,024円(税込)
560 ポイント
ご注文数
  • カートに入れる

商品詳細

「鍼灸はなぜ効くのか?」、発生学と筋膜の理論から明らかに!

東洋医学で全身に分布されていると考えられている十二経絡。経絡上の経穴(ツボ)に鍼や灸、マッサージ、指圧を加えることで、全身に影響を与えることを治療家ならば誰もが経験していることだろう。だが、その存在は明らかにされていない。
そんな目に見えない経絡や経穴について、発生学の最新知識から読み解いたのが、本書である。「気」とは何か。なぜ経絡がこのような配置なのか。これらの答えは人体がどのように発生し、どのように作用しているのかを深く理解することで明らかになる。
また、本書が導く知られざる鍼灸の「サイエンス」は、現代医学では未解明の部分を解き明かす。身体を巡るミステリーの鍵は「ファッシア」(筋膜・膜)にあった。
鍼灸師で救急診療専門医の著者による、医学の常識を覆す英国の話題作がついに上陸!

●鍼灸治療の新しい治効メカニズムを徹底解明
●現代医学の進歩で分かった、黄帝内経『素問』『霊枢』の真意
●経絡の配置の意味とは? 「三焦」「心包」の正体は?
●「気」の存在を否定することは、生命自体を否定すること
●「ファッシア」(筋膜・膜)が、西洋医学と東洋医学をつなぐ

ISBN:978-4-7529-1036-7
著:ダニエル・キーオン(ホーマートン大学病院救急診療専門医)
監訳:須田万勢・津田篤太郎(聖路加国際病院リウマチ膠原病センター)
訳:建部陽嗣(京都府立医科大学)
仕様:四六判 400頁
発行年月:2018/6/16

主な内容

Part1 鍼のサイエンス
・三重らせん
・クローン羊と氣
・ツボ(経穴)とは何か?

Part2 中国医学の発生学
・道(タオ)
・身体の卵黄
・発生学のサーファー

Part3 命門と6本の経絡
・三陰経
・太陰経
・厥陰経

ほか

ページサンプル

M&A

M&A/

M&A/

pagetop