HOME > 書籍 > ビジュアルで学ぶ 筋膜リリーステクニック Vol.1

ビジュアルで学ぶ 筋膜リリーステクニック Vol.1

 ビジュアルで学ぶ 筋膜リリーステクニック Vol.1
  • ポイント20倍
商品コード : 3115-7

ビジュアルで学ぶ 筋膜リリーステクニック Vol.1

4,536円(税込)
840 ポイント
ご注文数
  • カートに入れる

商品詳細

今、注目が高まる「筋膜!」
その理論と施術が身につくビジュアル本


  身体で最も大量にある組織は何だろうか?
  その答えは「骨」でもなければ、「筋肉」でもない。「筋膜」である。筋膜は筋肉、腱、骨、血管、臓器、神経を覆い、つなげ、包んでいる線維性結合組織のことで、身体に何百または何千も依存している。身体の複雑な三次元ネットワークを形成しながら、その伸縮性によって運動を促進させ、皮膚の感受性を高めるという役割を持つ。臨床家は、筋肉や骨と同様に、筋膜についても理解しておく必要があるといえそうだ。
  そんな筋膜への知識を深めながら、多彩なリリーステクニックが身につけられるのが、本書である。筋膜リリーステクニックは、身体の弾力性や知覚感覚を回復させ、さまざまな疾患を完全させる。CGイラストと施術写真が豊富な本書で、ぜひそのテクニックを身につけてほしい。


動画の日本語訳はこちら

【関連記事】
マッサージ情報サイト「CIANA」
筋膜への手技はなぜ効果があるのか?
http://ciana.jp/5553

ISBN:978-4-7529-3115-7
著者:Til Luchau
監訳:齋藤昭彦(杏林大学保健学部理学療法学科教授)
仕様:B5 判 214 頁
発行年月:2016/3/10

主な内容

●Part1 筋膜の基礎知識
第1章 骨
第2章 筋膜の変化を理解する
第3章 筋膜のツールとテクニック

●Part2 下肢
第4章 タイプ1足関節制限と足底筋膜炎
第5章 タイプ2足関節制限と果間関節窩
第6章 足関節損傷と腓骨
第7章 槌状足指症
第8章 靴の拘束によるアーチ
第9章 ハムストリングス損傷

●Part3 下肢帯
第10章 股関節の可動性
第11章 坐骨神経痛
第12章 仙結節靱帯
第13章 仙腸関節
第14章 腸骨

●Part4 上肢
第15章 手関節と手根骨
第16章 母指球
第17章 凍結肩(肩関節)
第18章 凍結肩(回旋筋腱板)

ページサンプル

M&A

M&A/

M&A/

pagetop