HOME > 書籍 > キヌア・ヘルシーレシピ

キヌア・ヘルシーレシピ

キヌア・ヘルシーレシピ
  • ポイント20倍
商品コード : 7016-3

キヌア・ヘルシーレシピ

1,944円(税込)
360 ポイント
ご注文数
  • カートに入れる

商品詳細

おいしくて、からだにやさしい“スーパーフード”キヌアのレシピ集!
血糖値が気になる人や低GI食が必要な人に最適! 

キヌア(Quinoa)とは、何百年もの間、南米の人々の食生活を支えてきたスーパーフード。食物繊維・ビタミンB1・マグネシウム・鉄分が豊富(必須アミノ酸もバランスよく含まれている)で、どんな料理にも合い、欧米を中心に注目を集めています。本書はそのキヌアやその他の注目の食材(アガベシロップ、ナッツ、マルチグレイン、フラックスシードなど)を使った、へルシーな生活を送るためのレシピ本です。
キヌアは、白キヌア、赤キヌア、黒キヌアを使い分け、レシピは、そば実のチキンナゲット、りんごとアーモンドのパンケーキ、牛フィレ肉のナッツクラスト、キヌアのポリッジ、ポピーシードのケーキなど、バリエーション豊富です。

ISBN:978-4-7529-7016-3
著者:Michael Moore(マイケル・ムーア)
監訳:副島モウ
仕様:B5変形 128頁
発行年月:2015/2/10

主な内容

目次
イントロダクション<著者からのメッセージ>

◆朝食
粗びき全粒粉のミューズリー入りパンケーキ
シンプルなトースト、イチジクとリコッタチーズ乗せ
ブルーベリーと豆腐のプロテインシェイク
りんごと梨とキヌアの冷たいポリッジ、生のアーモンドと
雨の日にピッタリなホットミルクと麦のポリッジ
ポーチド・フルーツサラダ
ハッシュポテトとコーンビーフの半熟卵ディップ
ギリシャヨーグルトのパルフェ
しっとり、もっちり朝食バー
自家製リコッタチーズ
ホットスモークサーモンとサツマイモのオムレツ
ひよこ豆とトウモロコシのフリッター、ベーコンとアボカド添え
りんごとアーモンドのミニパンケーキ
マッシュルーム、ベーコンとキヌアのチーズ焼き
キヌアのスクランブル・エッグ
バナナとベリーのアイススムージー
ピリッと甘くて濃厚なヒマワリバター

◆昼食とスナック
赤キヌアと黒キャベツのモッツァレラチーズサラダ
レモン風味のチキンシュニッツェル・サンドイッチ
パワーフード・サラダ
スイートポテトフライ
2口サイズのチリビーフ・ミニバーガー
赤唐辛子の酢漬け
バーベキューサーモンのレタス包み
そばの実を使った、カリカリチキンナゲット
3種のキヌア、半熟卵とレタスのサラダ
七面鳥のクラブサンドイッチ
キヌアクランチのフィッシュケーキ
ブリとアボカド、ライムのミニタコス
丸ごとエビのバーベキュー、ひよこ豆、パクチー、ライムのサルサ

◆メインディッシュ
ビーフショートリブのブレゼとオートミール
サーモンとチリライムの冷製カッペリーニ
シュリンプフライ、ココナッツキヌア添え
コトコト煮込んだラム肉にイタリア野菜を添えて
アンジェラの野菜ラザニア
蒸し魚のほうれん草とスパイスエッグ添え
赤キヌアとBBQチキンのタブレサラダ
まぐろ、さやいんげん、ピーナッツとミントのサラダ
かぼちゃ、トマト、キヌアのモロッコスパイスサラダ
ヒマラヤスギに乗せて焼いたローストサーモンとキヌアのザジギ
エナジーチャージ ボロネーゼ・スパゲッティ
低温で焼いた七面鳥、リコッタチーズとほうれん草をつめて
温かいシーフードとキヌアのサラダ
スズキのパンプキンシードクラスト、マッシュドかぼちゃに乗せて
ヘルシーミールピッツァ
ポレンタの衣をまとったポークカツとフェンネルとオレンジのサラダ
牛フィレ肉のナッツクラスト、大学芋とマスタードクリームを添えて

◆デザート
それほど後悔しないチョコレートケーキ
ピーナッツバターとチョコレートのミニタルト
りんごと洋なしのクランチタルト、アップサイドダウンケーキ
ローストした桃とザバイオーネ、サンフラワーシード
シトラスとポピーシードのケーキ
トフィー、ニンジン、ナッツ、ハニースクエアビスケット
焼きイチゴ、ライム、キヌアのカスタードプリン

ページサンプル

キヌア

著者&監訳者プロフィール

■著者:Michael Moore/マイケル・ムーア
本書の著者マイケル・ムーア は約30年にわたって活躍し続けるシェフとしても、国際的な実業家としても知られている。
特に地元のオーストラリアではテレビの人気シェフでもあり、栄養学への情熱と食材が持つ力を科学的に探究することで、人々を魅了し続けている。その一方で、 家庭でもつくれる、最高の料理を紹介することでも有名で、近年ではシェフ、フード・コンサルタント、料理本の著者、そしてタレントとして、オーストラリア以外でも、その名が知られている。
マイケルのシェフとしてのキャリアはロンドンでスタート。その後、シドニーに拠点を移し、 the Ritz Hotel London、Kables、Craigend、Hotel Nikko、the Bluebird London、Bennelong、Prunier’s、Bonne Femme、Wildfireなど、数々の一流レストランに携わってきた。その活躍は多方面で称賛されており、数々の栄誉ある広告賞も受賞している。
糖尿病と診断されて以来、栄養学に基づいたへルシーなレシピを探求し、現在、シドニーにある「O Bar and Dining」でオーナーシェフを務めている。
本書は、マイケルの著書のうち『Moore To Food』 『Blood Sugar』 『Blood Sugar: The Family』に続く4作目に当たる。

■監訳者:副島モウ(Mou Soejima)
エコール辻フランス・イタリ ア料理カレッジ、同校グループ校フランス・リヨン・シャトードレクレールを卒業し、現地星付きレストランにて修行。帰国後、都内ホテル・レストランを経て、料理研究家パトリス・ジュリアンに師事。
独立後、撮影現場のケータリング、フードコーディネーション、調理専門学校にて調理講師をするほか、企業レシピコンサルタント、月刊EXILE内「cook de exile」、cookpad「男の料理」 などのレシピ監修も手掛ける。
2013年公開の映画『ウルヴァリン:SAMURAI』の日本ロケでは、主演のヒュー・ジャックマンの専属シェフとなり、低糖質で役作りに必要な筋肉を維持しながら、余分な脂肪を落とす'SAMURAI レシピ'を開発するなど、活動の場は多岐に渡る。
2011年には、鎌倉で立ち呑みビストロ「RENDEZ-VOUS DES AMIS」をオープン。オーナーシェフとして厨房にも立つ。
http://www.mousoejima.com/

pagetop