HOME > 月刊誌 > 月刊 医道の日本 2018年6月号

月刊 医道の日本 2018年6月号

月刊 医道の日本 2018年6月号
  • NEW
商品コード : 201806

月刊 医道の日本 2018年6月号

980円(税込)
9 ポイント
ご注文数
  • カートに入れる

商品詳細

■巻頭企画
経絡経穴ファッシア論 ─鍼灸はなぜ効くのか─

■特集
筋膜リリーステクニック

ISBN 978-4-7529-8067-4

巻頭企画



経絡経穴ファッシア論 ─鍼灸はなぜ効くのか─

今、注目を集めている「ファッシア(膜・筋膜)」。
発生学の観点から考えると、ファッシアと経絡・経穴には実は関係性があり、
それを踏まえれば、現代医学が抱えるさまざまな謎を、鍼灸の理論が解き明かしてくれる。
今号の巻頭では、これまでになかった「経絡・経穴とファッシア」の
かかわりについて新説を提示。発生学の見地から読み解いていく。
さらに、生きた人体での解剖で明らかになったファッシアの構造と機能についても紹介したい。
特集では、ファッシアや、ファッシアの一部である筋膜をリリースするには、どうすればよいのか。
臨床に使えるテクニックの解説を行う。

目次

今月のスナップショット
私と鍼灸/片岡安祐美
生薬とからだをつなぐ (78)/鈴木達彦
編集部チャレンジ企画 鍼灸受療率アップ大作戦!(10)
医療連携の現場から(3)/東京大学医学部附属病院リハビリテーション部物理療法(鍼灸)部門
誌上で鑑別トレーニング 外傷整復道場 (78)/西沢正樹
ある鍼灸師のがん闘病日記 (25)/江川雅人


巻頭企画 経絡経穴ファッシア論 ─鍼灸はなぜ効くのか─

[ 巻頭企画Ⅰ] 
ダニエル・キーオンによる鍼灸治療の新知見 ファッシア理論が鍼灸と現代医学をつなぐ
監訳者対談 経絡を理解する共通言語としての「ファッシア」/須田万勢・津田篤太郎
コラム キーオンさんの挑戦に拍手! 今度は私たちの番だ/建部陽嗣

[ 巻頭企画Ⅱ] 
生きた筋膜の構造を知れば、治療が変わる
筋膜ケアに使える セルフケアグッズプレゼント

特集 筋膜リリーステクニック
吉村亮次・木村裕明・小林只 赤坂清和 笹川隆人 ほしのあつこ


学会・イベントレポート
業界ニュース
経穴の主治を生かせる 池田政一の臨床 (14)/池田政一
食の悩み 聞きます (40)【最終回】/辻野将之
古典から鍼灸師の仕事を見直す(5)/宮川浩也
マンガで身につく! 治療家のための医療面接 (17)/奈良雅之
医療連携の確立に向けて医師のための鍼灸体験講座を開催 第45回日本頭痛学会総会
/井畑真太朗・山口智・菊池友和・井瀬美由季・荒木信夫
複合性局所疼痛症候群に対する鍼灸の一症例 /向井雄高
統合医療情報発信サイト(eJIM)における漢方・鍼灸・あん摩マッサージ指圧のエビデンスレポートの現状
/古屋英治・藤井亮輔・山下仁・津谷喜一郎
鍼灸徒然草―ふと臨床編― (1)/首藤傳明
臨床に活かす古典(73)/篠原孝市
世界メディアが伝える「鍼灸」最新動向 (133)/中田健吾
鍼灸ワールドコラム (85)/建部陽嗣・樋川正仁
短歌欄入選 (231)/大河原惇行
医療記事キャッチアップ
今月の読者の広場
編集後記

pagetop