HOME > 月刊誌 > 月刊 医道の日本 2018年3月号

月刊 医道の日本 2018年3月号

月刊 医道の日本 2018年3月号
    商品コード : 201803

    月刊 医道の日本 2018年3月号

    980円(税込)
    9 ポイント
    ご注文数
    • カートに入れる

    商品詳細

    ■巻頭企画
    知っておきたいIT眼症とスマホ老眼

    ■特集
    IT眼症に対する鍼灸マッサージ

    ISBN 978-4-7529-8064-3

    巻頭企画



    知っておきたいIT眼症とスマホ老眼

    朝起きてまずテレビを観る。通勤、通学の途中、何気なくスマートフォンを見る。
    仕事中はずっとパソコンの画面を見つめている。家に帰ったらテレビゲームに熱中する。
    では、現代人の生活において、IT 機器を見ない時間がどれだけあるだろうか。
    酷使され続けた眼の疲れや渇きといった異常、これら眼が発する警告をIT 眼症と呼ぶ。
    さらに、最近多いのはスマホ老眼だ。
    古典にはない現代人特有のこの症状に、治療家はどう対応していくべきか。
    IT 眼症とは何か、そして身を守るにはどうしたらよいのかについて、
    巻頭インタビューでは大学とクリニック、違う立場の2 人の眼科医に話を聞いた。
    特集では、実際に眼の異常を訴える患者に施術した治療家に、
    その臨床経験や知見を紹介してもらった。

    目次

    今月のスナップショット
    海の向こうの治療院/片岡登
    生薬とからだをつなぐ (75)/鈴木達彦

    ■編集部チャレンジ企画 鍼灸受療率アップ大作戦!(7)
    新連載〉医療連携の現場から(1)/埼玉医科大学病院東洋医学科
    誌上で鑑別トレーニング 外傷整復道場 (75)/大森淳次
    ある鍼灸師のがん闘病日記 (22)/江川雅人

    ■巻頭企画 知っておきたいIT眼症とスマホ老眼
    インタビュー01 IT眼症、スマホ老眼とは何か/原直人
    インタビュー02 知っておきたい眼科、メガネ、コンタクトレンズの選び方/岡野敬

    ■特集 IT眼症に対する鍼灸マッサージ
    山田善章 西田章通 大山良樹 鈴木信

    学会・イベントレポート
    業界ニュース
    触れる 語る シリーズ2 (6)/形井秀一 【ゲスト】家本誠一
    古典から鍼灸師の仕事を見直す(2)/宮川浩也
    経穴の主治を生かせる 池田政一の臨床 (11)/池田政一
    後鼻漏に対する鍼・温灸治療/田中勝
    食の悩み 聞きます (37)/辻野将之
    新解 杉山流三部書講 (46)/松本俊吾
    マンガで身につく! 治療家のための医療面接 (14)/奈良雅之

    ■特別座談会 医療連携のカギは「鍼灸の見える化」と「共通言語」
    /相澤良・津田篤太郎・粕谷大智・横田篤広・吉田修康・周防一平

    鍼灸徒然草-出会い編- (5)/首藤傳明
    大都市圏の柔道整復施術所における
    あん摩マッサージ指圧療法、鍼灸療法等の実態に関する調査研究?その2 (後編)/矢野忠、他
    鍼灸ワールドコラム (82)/建部陽嗣・樋川正仁
    臨床に活かす古典 (70)/篠原孝市
    鍼灸パラダイム談義 (80)/武田時昌
    世界メディアが伝える「鍼灸」最新動向 (130)/中田健吾
    鍼灸竹村治療院 相馬市での治療に密着レポート
    経絡治療と奇経治療を南米ブラジルに普及啓発!/宮脇優輝
    補完代替医療の世界的研究者 George Lewith先生を偲ぶ/湯川慶子
    短歌欄入選 (230)/大河原惇行
    あん摩マッサージ指圧師、はり師きゅう師養成施設全国一覧・所在地一覧
    医療記事キャッチアップ
    今月の読者の広場
    編集後記

    pagetop