HOME > 月刊誌 > 月刊 医道の日本 2018年2月号

月刊 医道の日本 2018年2月号

月刊 医道の日本 2018年2月号
    商品コード : 201802

    月刊 医道の日本 2018年2月号

    980円(税込)
    9 ポイント
    ご注文数
    • カートに入れる

    商品詳細

    ■巻頭企画
    これからの「心療鍼灸」うつ患者に鍼灸ができること

    ■特集
    鍼灸によるうつ症状へのアプローチ

    ISBN 978-4-7529-8063-6

    巻頭企画



    これからの「心療鍼灸」うつ患者に鍼灸ができること

    「うつ症状の患者さんが増えてきた」
    「心の不調を抱えた患者さんが来院したときの対応に苦慮している」
    そんな治療家の声を、最近よく聞く。
    美容鍼灸、スポーツ鍼灸、音楽家鍼灸が、それぞれの分野で患者に寄り添っているのであれば、
    心の不調を呈する患者に寄り添う「心療鍼灸」は、
    何ができ、何ができないのか。あるいは、何をしてはいけないのだろうか。
    まずはそのことを知り、考えるのが今回のテーマである。
    そのために栄養精神医学のドクターや認知行動療法の第一人者に話を聞き、
    うつ症状の原因、対応について知識をアップデートしていく。
    特集では、メンタルヘルス分野に特化した形態で鍼灸と統合・折衷する治療家、
    鍼灸と心理療法を分けた形態をとる治療家のそれぞれの臨床についても掲載する。

    目次

    今月のスナップショット
    ポートレート/ミスターちん
    生薬とからだをつなぐ (74)/鈴木達彦

    ■編集部チャレンジ企画 鍼灸受療率アップ大作戦!(6)

    誌上で鑑別トレーニング 外傷整復道場 (74)/西沢正樹
    ある鍼灸師のがん闘病日記 (21)/江川雅人

    ■巻頭企画 これからの「心療鍼灸」うつ患者に鍼灸ができること
    インタビュー01 食べ物で心が変わる
             ―栄養精神医学のドクターから鍼灸院への提案/奥平智之
    インタビュー02 認知行動療法とは何か
             ―鍼灸マッサージの臨床へのプラスアルファ/大野裕
    コラム 「 メンタルストレスと鍼灸のかかわり」の勉強会に参加してみる
    レポート 鍼灸とメンタルケアをつなぐ道/岡田紘未

    ■特集 鍼灸によるうつ症状へのアプローチ
    中島宏 南治成 森山潤 山本英治

    学会・イベントレポート
    業界ニュース

    〈新連載〉古典から鍼灸師の仕事を見直す(1)/宮川浩也
    経穴の主治を生かせる 池田政一の臨床 (10)/池田政一
    肩関節のなかのうずく症状が肩井の外ずらし圧で改善した症例/田中勝
    食の悩み 聞きます (36)/辻野将之
    続・ツボのとらえ方 (2)/戸田隆史
    マンガで身につく! 治療家のための医療面接 (13)/奈良雅之
    鍼灸徒然草?出会い編? (4)/首藤傳明
    大都市圏の柔道整復施術所における
    あん摩マッサージ指圧療法、鍼灸療法等の実態に関する調査研究-その2 (前編)/矢野忠、他
    「 ほうろく灸」についての2つの考察/本木晋平
    越石セミナーinバーミンガム/渡辺千鶴
    鍼灸ワールドコラム (81)/建部陽嗣・樋川正仁
    臨床に活かす古典 (69)/篠原孝市
    鍼灸パラダイム談義 (79)/武田時昌
    世界メディアが伝える「鍼灸」最新動向 (129)/中田健吾
    短歌欄入選 (229)/大河原惇行
    学会・研究会・シンポジウム一覧
    医療記事キャッチアップ
    今月の読者の広場
    編集後記

    pagetop